わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

「 漢方のお話 」 一覧

板藍茶板藍のど飴

風邪インフルエンザ予防は板藍根におまかせ!

板藍根(ばんらんこん)の特徴  細菌感染や悪い菌の体内増殖を防ぐ、抗菌作用  ウイルス感染を防ぐ、抗ウイルス作用  免疫力をつけて外邪から身を守る  熱をとり、 ...

関節痛

腰痛・関節痛、どう治す?

中医学では関節や筋肉の痛みを総称して痺証(ひしょう)といいます。 痺証は古くからある病気ですが、湿度や気温の変化の影響を受けて悪化しやすく、以前は梅雨時や冬季に多かったのですが、エアコンの普及に伴い現 ...

子宝相談は漢方の専門家に!

2013/05/14   -漢方のお話

  赤ちゃんが欲しい方に、是非知っていただきたいのが、漢方の子宝相談です。 女性には、生理を基準とした体のリズムがあります。 基礎体温表をつけることで、女性の体のリズムを知り、そこから不妊の ...

舌診

舌診(ぜっしん)

2012/03/19   -漢方のお話
 

  自分の舌を観察したことはありますか? 昨今、オーラルケアの流行とともに、「舌磨き」「舌ケア」といった舌苔を掃除するグッズも販売されていますね。これらの製品の目的は「見た目の美しさ」「口臭 ...

耳鳴り

耳鳴りめまい

  近年耳鳴りで悩む方の人口は年々増えています。 現代でも人口の10~20%耳鳴りを感じており、特に65歳以上では30%近く耳鳴りの経験があると報告しています。 一般に35歳頃から増加し、6 ...

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.