わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

「 腰痛 」 一覧

鹿茸

鹿の若角(鹿茸)に魅せられて

葵漢方薬局  吉岡恵子 雄の鹿では、満1歳過ぎるころに新しい角が生え始めます。 生え始めの鹿の角は産毛が生えていて柔らかいそうです。産毛の生えた鹿の角の中には、角に栄養を送る血管が ...

関節痛

腰痛・関節痛、どう治す?

中医学では関節や筋肉の痛みを総称して痺証(ひしょう)といいます。 痺証は古くからある病気ですが、湿度や気温の変化の影響を受けて悪化しやすく、以前は梅雨時や冬季に多かったのですが、エアコンの普及に伴い現 ...

no image

痺証

【講師】  高橋楊子先生 【まとめ】  埼玉中医薬研究会 学術担当:永和堂薬局 松永知子先生   10月23日の定例会では「痺証」の講義をしていただき ...

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.