わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

夏の益気養陰、麦味参顆粒の店頭応用

投稿日:2016年9月18日 更新日:

【講師】  劉文昭先生
【まとめ】  埼玉中医薬研究会  学術担当:松永知子先生

 

埼玉中医薬研究会9月の定例会はイスクラ中医学講師(中国中医科学院広安門医院中医師)劉文昭先生をお招きして「夏の益気養陰、麦味参顆粒の店頭応用」について講義いただきました。

夏の熱中症の原因・分類・各症状とその対処法、麦味参顆粒の使い方・応用を説明され、麦味参顆粒で良くなった不整脈、心不全の症例を検討し、また疲労・病中病後の体力回復・シェーグレン症候群・低血圧・心筋梗塞・高山病・糖尿病・不眠・頻尿・慢性萎縮胃炎・慢性咽炎などの症例も話されました。

埼玉中医薬研究会詳しくは埼玉中医薬研究会会員のお店でご相談ください。

 

 

 

 

 

♥あなたにおすすめ♥

-勉強会のお話

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.