わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

漢方のお話

腰痛・関節痛、どう治す?

投稿日:2013年7月8日 更新日:

中医学では関節や筋肉の痛みを総称して痺証(ひしょう)といいます。

痺証は古くからある病気ですが、湿度や気温の変化の影響を受けて悪化しやすく、以前は梅雨時や冬季に多かったのですが、エアコンの普及に伴い現在では夏場も注意が必要となってきました。

『通じざれば即ち痛み、通ずれば即ち痛まず』が原則で、気(き:生命エネルギー)・血(けつ)・津液(しんえき:血以外の体液)の流れが滞ると痛みが起こると考えます。流れが滞る原因には外的なものと内的なものがあり、双方の条件が重なる時に痺証が表れる、また悪化すると考えます。

 

タイプ 症状   外的要因   内的要因
風痺
(ふうひ)
痛む部位が移動する。
風があたると悪化する。
風邪
(ふうじゃ)
湿痺
(しっぴ)
痛む部位は固定している。
体が重だるい。
湿度が高いと悪化する。
湿邪
(しつじゃ)
寒痺
(かんぴ)
痛みが激しい。
関節の変形がみられる。
冷やすと悪化する。
寒邪
(かんじゃ)
熱痺
(ねっぴ)
赤く腫れて熱をもつ。
運動障害。
温めると悪化する。
熱邪
(ねつじゃ)

 

まず、風邪・湿邪・寒邪・熱邪を体外へ追い出し、痛みをとりながら、気・血・津液のバランスを整えること、流れを良くすることを目指していきます。

次いで、原因となる肝・脾・腎・心の機能を整えることで、風邪・湿邪・寒邪・熱邪といった外邪の影響を受けないからだ作りをしていきます。

熱痺以外の風痺、湿痺、寒痺は同時に表れることもあります。
正しい判断と、的確な対応で、再発を防ぎましょう!

 

独歩顆粒☆埼玉中医薬研究会

 

ご相談は無料です!
お気軽に、お近くの埼玉中医薬研究会、会員店までご来店・ご相談ください  niko

 

さいたま市 越谷市 光和薬局
岩槻区 田中薬局 漢方専門永和堂薬局
見沼区 もも木薬局 狭山市 薬眞堂薬局
西区 林漢方薬局 草加市 漢方専門松一屋薬局
中央区 いわい薬局 所沢市 薬眞堂薬局小手指店
北区 陽花莉薬局 新座市 ABC薬局
大宮区 葵漢方薬局 羽生市 モトマチ薬局
上尾市 サトウ薬局 日高市 漢方専門薬局環
川口市 太極堂薬局 本庄市 化粧品と漢方の店さいとう
東薬局 あい薬局
川越市 漢方薬膳サロンウエマツ薬局 深谷市 さんあい薬局
行田市 パルシィー薬局 大慶堂漢方薬局
熊谷市 漢方薬局慈恵堂 蕨  市 岡田厚生堂薬局
鴻巣市 漢方のしみず快生堂 寄居町 升屋栄貫堂薬局

 

 

 

♥あなたにおすすめ♥

-漢方のお話
-, , ,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.