わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

心身症(第3回)情志失調の中医弁証論治

投稿日:2010年12月19日 更新日:

【講師】 楊敏先生
【まとめ】埼玉中医薬研究会 学術担当:葵漢方薬局 吉岡恵子先生

 

3回シリーズ「心身症」の第3回目。

「素問上古天真論」

女子は七歳にして、腎気盛し。
(中略)
二七にして、天癸至り、任脈通じ、太衝の脈盛し、月事時を以って下る。故に子あり。
(中略)
五七にして、陽明の脈衰え、面初めて焦れ、髪初めて堕つ。
六七にして、三陽の脈上に衰え、面皆焦れ、髪初めて白し。
七七にして、任脈虚し、太衝の脈衰少し、天癸竭き、地道通ぜず、故に形壊えて子なきなり。

に基づき更年期の話を伺いました。

 

埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~

【第一部】

更年期障害症候群の弁証論治

1. 肝腎陰虚・陰虚陽亢

2. 脾腎陽虚・命門火衰

3. 肝気鬱結・肝鬱化火

【第二部】

黄帝内経より
四季調神大論第二の第一章を勉強しました。

埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~

埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~

漢方薬のご相談なら埼玉中医薬研究会

 
 
 
 


 
 

2010年12月19日勉強会出席者(※順不同)
ABC薬局 江良先生 ウエマツ薬局 植松先生 田中薬局 田中先生
もも木薬局 桃木先生 薬眞堂薬局 三矢先生 東薬局 長澤先生
サトウ薬局 佐藤先生 いわい薬局 岩井先生 太極堂薬局 小寺先生
林漢方薬局 林先生 愛育堂薬局 和田先生 永和堂薬局 松永先生
モトマチ薬局 長島先生 大慶堂薬局 上柴店 大谷先生
葵漢方薬局 吉岡先生 岡田厚生堂薬局 岡田先生
光和薬局 後竹先生 薬眞堂薬局 小手指店 三矢先生
・パルシィー薬局 永沼先生 升屋栄貫堂薬局 引間先生
陽花莉薬局 池田先生 漢方薬局 環薬局 梶谷先生
松一屋薬局 松永先生 漢方薬局 慈恵堂薬局 川島先生

 

 

 

 

-勉強会のお話
-

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.