わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

腫瘍と中医弁証

投稿日:2017年4月1日 更新日:

【講師】  鄒大同先生
【まとめ】  埼玉中医薬研究会  学術担当:松永知子先生

 

埼玉中医薬研究会4月の定例会はイスクラ中医学講師の鄒大同先生をお招きして「腫瘍と中医弁証」をテーマに講義いただきました。

西洋医学からの弁病、異病同治を乳癌と胃がんに使う薬を例に、また血管新生阻害剤などをご説明いただきました。

中医学の弁病として癌の発症には正気不足が基本であり、扶正は治療の始終を一貫するとして補気剤の応用他、清熱解毒製品の使い分け、弁病治療の4つの注意点、また中医学の八綱弁証・臓腑弁証・気血津液弁証を細かくお話され、例を挙げて弁病と弁証の併用などを話されました。

埼玉中医薬研究会

 

詳しい内容は埼玉中医楽研究会会員のお店でご相談ください。

 

 

 

 

 

-勉強会のお話
-, ,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.