わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

会員店コラム

今年の秋の養生法

投稿日:2010年9月29日 更新日:

大慶堂薬局  岡 理絵hiyoko03.gif

今年の夏はとっても暑かったですね~!!

この暑さは日本だけでなく世界中で暑かったみたいですね! 私に中医学を教えてくださっている先生の故郷、中国、上海もとっても暑かったそうです!!

今年の夏の様な猛暑の年の9月、10月は夏バテの症状が出やすく、免疫力も下がり、風邪も引きやすくなります(>。<)

又、秋は「肺」の季節で今年は特に肺や肌が乾燥しやすく、寒暖の差が激しい程、喘息の症状が悪化しやすくアトピー肌の方も悪化しやすくなりやすいんです。

 

そんな9月~10月頃に出る疲れや喘息等の対策は・・・

n1.gif 急に風が冷たくなるので背中(陽の部分)に冷たい風をあてない様、冷やさないために、寝るときは必ず薄手でもいいので、長袖の上下を着て寝ましょう!

お出かけの時も服を一枚多く羽おる様にして季節の変化に叙ヶにからだを慣らしていきましょう!

 

n2.gif 白っぽい食べ物がおすすめ!!
秋は、梨、大根、じゃがいも、玉ねぎ、白ゴマ、ユリ根、りんご等、肺を潤してくれるものがこの時期おすすめの食材です。
これらの食材は食物繊維も豊富で肺と主従関係にある大腸にもよく働きかけ、便通をよくしてくれます♪

 

n3.gif 粘膜を強化するために、新鮮な空気をたくさん吸いましょう!!
ジョギング(特に朝)や、大股歩きで新鮮な空気を中に入れる事により呼吸器を強化しましょう!

 

n4.gif 肺を潤してくれるこの時期特におススメは!

人参・麦門冬・五味子、の三味の「麦味参顆粒」、百合・北沙参・玉竹、の三味の「百潤露」、どちらもこの時期にぴったりの肺や肌を潤してくれる生薬が入っています!

 

できることから、すこしでもn1.gifn4.gifの養生法を参考にして見て下さい♪

又、どんなご相談も、お近くの埼玉中医薬研究会のお店までお気軽にご相談下さい♪

肺を潤すたべもの★秋の食養生

-会員店コラム
-

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.