わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

会員店コラム

将棋と漢方

投稿日:2020年9月5日 更新日:

 

8月20日、藤井聡太くんが18歳の若さで棋聖と王位のタイトルニ冠を達成し、同時に八段に昇段しました。

二冠の最年少記録は羽生善治九段(49)が1992年に王座と棋王を保持した際の21歳11カ月で、28年ぶりの更新。八段昇段の最年少記録は、加藤一二三九投(80)=引退=が1958年に順位戦A級昇級で達成した18歳3か月で、こちらは実に62年ぷりの新記録達成となりました。

すごい棋士が現れました。これからどれだけのタイトルを手にしていくのでしょうか!とても楽しみです。

実は、私もかつてはプロ棋士になりたいと夢をもち日夜将棋盤を前にしてしていた青春時代がありました。

プロ棋士にはなれなかったわけですが、いろんな出会いがあって45年漢方と向き合っています。

プロの棋士になれる人はほんの一握りで、天才と称される人達です。その中でもタイトルを獲得する人ほ天才の中のまた天才です。天性、持って生まれた才能とたゆみない努力がなければなしえません。

将棋盤は81マスの宇宙ともいわれます。
王将・飛車・角・金・銀・桂馬・歩の駒それぞれの進み方の法則があり、相手の王将を獲りに行きます。

ときどき将棋の駒を生薬と置き換えて考えてしまいます。
漢方はひとの体を小宇宙と考えて、その病を捉えてどの生薬を使ってどの処方をどのように組み合わせていけば病を治していけるのか考えていく哲学といわれています。

将棋も漢方。
どんな宇宙を描いでいくかは人それぞれです。

将棋盤の上に無限の可能性があるように漢方薬や処方の中にも無限の可能性があります。
歳を重ね将棋盤に向かう時間は少なくなりましたが、漢方の勉強はまだまだ青春時代です。

漢方の勉強は続きます。
コロナ禍で気持ちが鬱々としている中で藤井聡太くんの快挙に、明るい希望が見えてきました。新型コロナウイルスの一日も早い終息を心から願うと同時に、終息後に明るい未来が待っていることを信じています。

 

将棋と漢方☆埼玉中医薬研究会

 

2020年9月5日

 

埼玉中医薬研究会  漢方薬局慈恵堂   川島恵司先生
熊谷市星川  1-4
TEL: 048-524-4953

 

 

-会員店コラム
-, , , ,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.