わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

漢方のお話

風邪インフルエンザ予防は板藍根におまかせ!

投稿日:2018年2月9日 更新日:

板藍根(ばんらんこん)の特徴

埼玉中医薬研究会 細菌感染や悪い菌の体内増殖を防ぐ、抗菌作用
埼玉中医薬研究会 ウイルス感染を防ぐ、抗ウイルス作用
埼玉中医薬研究会 免疫力をつけて外邪から身を守る
埼玉中医薬研究会 熱をとり、炎症を鎮める、解熱消炎作用

 

板藍根☆板藍茶と板藍のど飴☆埼玉中医薬研究会

 

板藍根(ばんらんこん)は、アブラナ科のホソバタイセイの根のことで、日本では菘藍(しょうらん)または大青(たいせい)と呼ばれ、藍色の染料として用いられてきた歴史があります。

藍染めは奈良時代、平安時代頃から始まり、江戸時代中期には紺屋の名称で藍染め屋が繁盛しておりました。

鮮やかな藍色・・・。
実は武士の鎧の下に着用する下着や、農民のもんぺなどにも藍染め技術が使われていたようです。おしゃれが必要ない?と思われるものに何故、染色を施したのでしょうか?

藍染めは「刀傷(切り傷)から身を守る」「虫に刺されにくい」「毒グモや毒蛇に襲われにくい」と考えられていたからでした。現代では、板藍根(ばんらんこん)の解毒作用・消炎作用が確認されています。昔の方は数多くの経験から知っていたのでしょう。上手に自然の効用を活かしていたというわけです。

 

板藍根(ばんらんこん)☆埼玉中医薬研究会

 

板藍根(ばんらんこん)にまつわる中国の昔話をひとつご紹介いたします。

 

昔々、あるところに、下働きの男がおりまして、男は毎日山へ柴刈りに行く仕事をしていました。

その山には馬藍寺というお寺があり、板藍和尚という老住職がおりました。お昼時に男はいつも板藍和尚に白湯をふるまってもらっていて、そのお礼にお寺の水汲みを手伝っていました。

やがて、男は主人の娘と恋に落ちました。

娘には親の決めた婚約者がおり、さて、婚礼の日が近づいてまいります。

これを知った和尚は男に「死んでも生き返る薬」を渡しました。娘はこの「死んでも生き返る薬」を飲み、仮死状態になりました。娘の両親は彼女が死んだと思って、娘を埋葬しました。

男は夜中こっそり埋葬された土の中から棺を掘りかえし、娘を抱えて山寺に、しばらくすると、板藍和尚の言ったとおり娘は息を吹き返しました。

男は板藍和尚からもうひとつもらっていた「疫病に効く薬」を手に、娘を連れて逃げました。「疫病に効く薬」を売りながら、二人は幸せに暮らしました。

しばらく後、二人は再度、馬藍寺を訪れましたが、残念なことに板藍和尚は亡くなっておりました。

二人は板藍和尚からもらった「疫病に効く薬」に『板藍根』という名前をつけて、いつまでも幸せに暮らしたということです。

 

中国では板藍根(ばんらんこん)は常備薬として非常にポピュラーな存在です。

風邪やインフルエンザの流行りやすい季節には、外出から帰宅後すぐに板藍根(ばんらんこん)の煎じ液でうがいをします。また、板藍根(ばんらんこん)の粉末を溶かした湯や、煎じた液を湯でうすめてお茶として常飲しています。

風邪・インフルエンザ予防だけでなく、ウイルス性肝炎、扁桃腺炎、おたふく風邪、帯状疱疹などにも幅広く用いられています。

 

板藍根(ばんらんこん)おさらい

埼玉中医薬研究会 細菌感染や悪い菌の体内増殖を防ぐ、抗菌作用
埼玉中医薬研究会 ウイルス感染を防ぐ、抗ウイルス作用
埼玉中医薬研究会 免疫力をつけて外邪から身を守る
埼玉中医薬研究会 熱をとり、炎症を鎮める、解熱消炎作用

 

 埼玉中医薬研究会  板藍茶&板藍のど飴  埼玉中医薬研究会
「板藍茶」は
アブラナ科のホソバタイセイの根を乾燥した
板藍根(バンランコン)を使用しています。
「板藍茶」は板藍根を手軽に摂れるようにしたものです。

「イスクラ板藍のど飴」は
アブラナ科のホソバタイセイの根を乾燥した
板藍根(バンランコン)を使用しています。
「イスクラ板藍のど飴」は
板藍根のエキス末を配合したのど飴です。

埼玉中医薬研究会会員店にて販売中!
お気軽にご来店ください。 埼玉中医薬研究会

板藍茶と板藍のど飴☆埼玉中医薬研究会

埼玉中医薬研究会 お近くの会員店を探す 埼玉中医薬研究会

板藍茶と板藍のど飴☆埼玉中医薬研究会

 

 

-漢方のお話
-, , , , , , , ,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.