わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

漢方のお話

中医学で夏の体調管理を!

投稿日:2019年7月9日 更新日:

夏を乗り切る!漲る力と潤い

夏バテ!暑気あたり★埼玉中医薬研究会  疲れやすい
  元気がでない、やる気がおきない
  汗をかきやすい
  のどや口が渇く
  食欲不振
  肌がカサカサする、ハリつやがない
  手足がほてる

そんな人におすすめの漢方薬は人参(にんじん)・麦門冬(ばくもんどう)・五味子(ごみし)で構成されたイスクラ麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)[第3類医薬品]です。

そのまま飲んでも、水に溶かして飲んでもOK!爽やかな風味で飲みやすい、夏にもおすすめの漢方薬です♪

イスクラ麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)[第3類医薬品]についてもっと詳しく知りたい イスクラ麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)[第3類医薬品]についてもっと詳しく!!

イスクラ麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)☆埼玉中医薬研究会

 

イスクラ麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)[第3類医薬品]についてもっと詳しく知りたい イスクラ麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)[第3類医薬品]についてもっと詳しく!!

 

 

暑さで疲れた胃腸に!!

胃腸の不調★埼玉中医薬研究会  すぐにおなかが痛くなる
  胃腸の調子が悪い
  体が重だるい
  頭が重い、にぶい頭痛がある
  軟便、下痢がある
  むくみやすい
  手足が冷える

そんな人におすすめの漢方薬は白朮(びゃくじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)、半夏(はんげ)、陳皮(ちんぴ)、厚朴(こうぼく)、大棗(たいそう)、桔梗(ききょう)、藿香(かっこう)、蘇葉(そよう)、大腹皮(だいふくひ)、甘草(かんぞう)、白芷(びゃくし)、生姜(しょうきょう)の13種類の生薬で構成されたイスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)[第2類医薬品]です。

冷たいものの食べ過ぎ飲みすぎで弱ってしまった胃腸に、暑さによる食欲不振に、水分代謝が悪いむくみなどにおすすめの漢方薬です♪

イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)[第2類医薬品]についてもっと詳しく知りたい イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)[第2類医薬品]についてもっと詳しく!!

イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)☆埼玉中医薬研究会

 

イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)[第2類医薬品]についてもっと詳しく知りたい イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)[第2類医薬品]についてもっと詳しく!!

 

 

熱中症の予防にも!夏の過ごしかた

夏の漢方養生法で、今年の夏も元気に笑顔で過ごしましょう。誰にでも起こりうる熱中症の予防はしっかりおこなっていきましょう。

埼玉中医薬研究会 外出時は帽子をかぶろう!(UVカットだと尚良いでしょう)
埼玉中医薬研究会 朝は早めに起きて、夜はゆっくりでも大丈夫。寝すぎないようにしよう!
埼玉中医薬研究会 クールマフラーなどを活用しよう!
埼玉中医薬研究会 熱を冷まし、潤いを与える食べ物を食べよう!
埼玉中医薬研究会 気を補う食べ物を積極的に食べよう!
埼玉中医薬研究会 ビール・アイス・清涼飲料水など、冷たいものの摂りすぎに注意しよう!
埼玉中医薬研究会 エアコンの効きすぎる室内に長時間いないようにしよう!
埼玉中医薬研究会 朝や夕方など、外気に触れる時間を持とう!
埼玉中医薬研究会 こまめに休息をとり、睡眠不足や過労に注意しよう!
埼玉中医薬研究会 水分補給はがぶがぶ飲むより、少しずつこまめに飲もう!
      (漢方薬やオリエンタルハーブティーを活用したスペシャルドリンクがオススメ♪)

熱中症の予防と対策☆埼玉中医薬研究会
夏のおすすめ漢方薬☆埼玉中医薬研究会

 

あなたにピッタリの漢方薬&オリエンタルハーブをお選びいたします。
ご予算につきましても、お気軽にご相談ください 埼玉中医薬研究会

今年は元気に笑顔で楽しい夏を過ごしましょう 埼玉中医薬研究会

 

 

 

-漢方のお話

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.