わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

漢方のお話

秋は脾肺腎の養生を!

投稿日:2021年9月8日 更新日:

季節の変わり目は寒暖の差が激しい日が続きますね。気候の変化にも注意しながら、健康を守っていきたいですね。

さて、秋は五行で見ると「金」に属し、外気は燥(そう)の季節です。五臓のうちに一番影響が出やすい季節ですが、だけではなく、隣り合わせにある脾・腎との関連が強いので、脾・腎へのケアも欠かせません。

季節の漢方★秋★埼玉中医薬研究会

 

脾の役割

中医学でいうは、宣発・粛降を主り、水道を通調する役割を担っています。また、は気と皮毛を主り、鼻に開竅(かいきょう)します。

簡単にいうとは、呼吸だけでなく気(生命エネルギー)や水分代謝の調整をしています。

体表部を守る働きもある大切なの機能低下は、咳・悪寒・発熱・免疫力の低下・過剰な汗・汗をかきにくい・皮膚や髪の毛の乾燥・痰・浮腫(むくみ)といった症状を招きます。

という臓には大腸という腑がセットになっていますので、大腸をキレイにしておくとの働きを助けることが出来ます。

 

 

脾の役割

脾は運化を主り、統血する役割を担っています。また脾は肌肉・四肢を主り、口に開竅(かいきょう)します。

つまり、消化吸収の働き全般を意味します。

脾という臓には胃という腑がセットになっていますが、脾と胃は相反する臓腑です。

埼玉中医薬研究会『脾胃二気相為表裏、胃受谷而脾磨之、二気平調、則谷化而能食化』(中医学書の古典:巣元方著  諸病源候論~脾胃諸病候より)という言葉があります。

『脾と胃は表裏関係にあり、胃は穀物を受納し、脾は消化吸収する。もしこの脾胃の虚実が調和しなければ、飲食ができなくなる』という意味です。

臓である脾は虚、燥を好み湿を嫌いますが、腑である胃は実、湿を好み燥を嫌います。 また、脾気は下へ下へと下げる性質があり、胃気は上へ上へと昇る性質があります。

脾胃の調整が重要であることはお分かり頂けると思います。

 

 

腎の役割

腎は、骨を主り髄を生じ脳に通じます。その華は髪にあり、納気・水液を主ります。また、腎は精を蔵し、生長・発育・生殖を主ります。耳と二陰(生殖器と肛門)に開竅(かいきょう)します。

腎の機能低下はそのまま老化現象へとつながります。腎が貯蔵する精には、先天的な精と後天的な精があります。先天的な腎精不足、腎虚の場合もあれば、自然老化で腎虚となる場合もあります。いずれにしても今持っている腎精を大切にしながら、足りない分は後天的な腎精で補う他ありません。

腎という臓には膀胱という腑がセットになっていますので、腎機能が低下すると頻尿・夜間尿・失禁といった症状につながっていくのです。

季節の漢方★秋★埼玉中医薬研究会

 

★漢方相談、承ります★

埼玉中医薬研究会 お近くの会員店を探す 埼玉中医薬研究会

 

秋の養生法

埼玉中医薬研究会時間医学では肺は午前3時~5時が一番元気!だということです。

この為、秋の行楽に出発する時間帯は、午前5時より午前3時のほうが体が楽だそうです。

早寝・早起きをし、朝はたっぷりと深呼吸をすると良いでしょう。ヨガや太極拳など、呼吸法を伴う朝の運動もオススメです。

但し、運動しすぎは逆に肺気を損ねますので、スポーツの秋でも過剰な運動・激しい運動は控えましょう。

埼玉中医薬研究会また、秋は乾燥の気から肺を守るためにも、肺を潤す食べものを積極的に食べましょう。肺を潤す食べもので代表的なものは、大根、ゆり根、れんこん、ナシ、はちみつです。

最後に大切なポイントとしては飲み過ぎない・食べ過ぎないことです。
飲みすぎ・食べすぎは胃腸に負担をかけてしまいます。食欲の秋でも、腹七分、腹八分に抑えてコントロールしてみてください。

漢方薬やオリエンタルハーブも貴方の助けになってくれます。
★わたしたちがお手伝い致します★
お一人お一人に合った漢方薬をご提案いたします。
無理をせず、我慢せず、お気軽にご相談にいらしてください。

あなたにピッタリの漢方薬&オリエンタルハーブをお選びいたします。
埼玉中医薬研究会 ご予算につきましても、お気軽にご相談ください 埼玉中医薬研究会

 

 

-漢方のお話
-, , , , , , , ,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.