わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

よくある精神問題の中医学分析

投稿日:2016年11月20日 更新日:

【講師】  何暁霞先生
【まとめ】  埼玉中医薬研究会  学術担当:松永知子先生

 

埼玉中医薬研究会11月の定例会はイスクラ中医学講師の何暁霞先生をお招きして「よくある精神問題の中医学分析」と題して、うつ状態とうつ病の区別、子供の不登校など精神問題の原因は、胎児の頃の母親のタバコとアルコールに因果関係があること、20代~40代のうつ病原因の一つである就寝時間のお話しや、50代以降のうつ病原因である陰陽両虚などのお話しなど、精神・自律神経トラブルに対する亀鹿仙や双料杞菊顆粒や酸棗仁顆粒など漢方薬の応用を交えてお話しいただきました。

埼玉中医薬研究会詳しくは埼玉中医薬研究会会員のお店でご相談ください。

 

 

 

 

 

♥あなたにおすすめ♥

-勉強会のお話

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.