わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

高血圧と中国漢方

投稿日:2010年2月21日 更新日:

【講師】 トンセンホ(選甫)先生
【まとめ】埼玉中医薬研究会 学術担当:永和堂薬局 松永知子先生

 

埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~

2010年2月21日の定例会は、トンセンホ(選甫)中医学講師先生に「高血圧と中国漢方」と題して、 現代医学の高血圧の種類、細動脈の拡張、収縮、血管内などの映像をまじえ「どんな型の高血圧でも、高血圧の原因は腎臓にあると考えられるようになっている」と 名古屋市立大学大学院医学研究科、小村立次郎教授の腎臓と高血圧との密接な関係を説いているお話し、また中医学的な考え方、病因・病機、大きく6タイプに分けそれぞれの中成薬での治療方法など、分かりやすく講義していただきました。

 

埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~

先月28日和漢医薬学会賞受賞記念講演された富山医科薬科大学和漢薬研究所、 横澤隆子教授の研究結果である丹参製剤は、腎機能を高め尿毒症毒素を排出し、 腎性高血圧の血圧も下げるので、慢性腎炎、腎不全、人工透析にならないようにする未病先防、既病防変に役立つ素晴らしい漢方薬であることを再認識しました。

 


埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~


 

 

2010年2月21日勉強会出席者(※順不同)
モトマチ薬局 長島先生   愛育堂薬局 和田先生   永和堂薬局 松永先生
ABC薬局 江良先生   東薬局 長澤先生   薬眞堂薬局 三矢先生
ウエマツ薬局 植松先生   田中薬局 田中先生   サトウ薬局 佐藤先生
もも木薬局 桃木先生   薬眞堂薬局 小手指店 三矢先生
林漢方薬局 林先生   薬局しみず快生堂 清水先生
いわい薬局 岩井先生   漢方専門薬局 環 梶谷先生
松一屋薬局 松永先生   岡田厚生堂薬局 岡田先生
・エミカ薬局 多田先生   薬草堂坂重薬局 鶴ヶ島店 原先生
太極堂薬局 小寺先生   大慶堂薬局 上柴店 大谷先生
・パルシィー薬局 永沼先生  

 

-勉強会のお話
-

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.