わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

中国最新情報から学ぶ中成薬の応用

投稿日:2019年3月17日 更新日:

【講師】  イスクラ中医学講師  戦冬雲先生
【まとめ】  埼玉中医薬研究会  松永知子先生

 

2019年3月17日の定例会は、イスクラ中医学講師の戦冬雲先生をお招きして「中国最新情報から学ぶ中成薬の応用」と題し、逍遥顆粒、衛益顆粒、麦味参顆粒と、また、冠元顆粒の構成生薬の丹参について、中国における阿膠の事情について講義いただきました。

阿膠を構成生薬に持つ婦宝当帰膠は、産後うつ、妊娠中の不調、つわりによる偏食や貧血、便秘、不安動悸、不眠、うつ、抜け毛、他などによいと話され、妊娠中・産後も婦宝当帰膠を服用することで作用が期待できます。

詳しくは埼玉中医薬研究会会員店にご相談ください。

 

 

埼玉中医薬研究会

 

 

 

-勉強会のお話

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.