わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

皮膚疾患の中医治療

投稿日:2021年1月17日 更新日:

【講師】  楊達先生  楊暁波先生
【まとめ】  埼玉中医薬研究会  松永知子先生

 

【講義内容】
2021年1月17日の定例会はイスクラ産業中医学講師の楊達先生と楊暁波先生の書籍「[簡明]皮膚疾患の中医治療」をもとにZOOMで講義が行われました。

楊達先生は、皮膚科学の現状及び中医学と西洋医学の異なる視点、皮膚に対する中医学の生理観、気血津液や五臓と皮膚、皮膚疾患の中医学的病因による皮膚病の特徴と、特に店頭上多い証型を分かりやすく説明されました。

皮膚病改善中に不養生は皮膚の老化をすすめますので、養生の大切さもお話しをされました。

楊暁波先生は、ストレスから受ける体への影響を現代医学の視点から説明され、いろいろのストレスを減らす中医学アプローチとして先生の恩師の国医大師である張震教授の「気機疏調論治」をご紹介され、ストレスの多い現在の社会で、疾病病因学において「気機紊乱」が万病のもとのお話をされました。

詳しくは埼玉中医薬研究会会員店にご相談ください。

 

 

 

-勉強会のお話
-, , , ,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.