わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

会員店コラム

眼の手術をして思うこと

投稿日:2020年4月4日 更新日:

 

加齢と共に起こる眼の病気として、白内障、緑内障、加齢黄斑変性など耳にしますが、私は日常生活に特に不自由は感じていませんでしたが、ある時丸い皿の縁が少しゆがんで見えるかな?年齢的にも検査が必要と思い受けたところ、黄斑上膜という、あまり聞いた事のない病名でした。

黄斑部に起こる病気には、加齢黄斑変性、黄斑円孔、黄斑上膜、黄斑浮腫、などがあるそうで、初期の症状は似ているようです。

この黄斑上膜は、良く耳にする加齢黄斑変性とは違い、硝子体が網膜の中央(黄斑部)の表面に張りついたまま収縮し、しわがよる為に物がゆがんで見えるそうです。

時間の経過と共に更に収縮するとゆがみが酷くなる事、以前は手術法もなかったそうですが、早めが良いと言う事で手術を受けることにしました。

 

黄斑上膜☆埼玉中医薬研究会

 

この硝子体の手術は、眼内に特殊なガスを入れる為、術後のうつぶせ姿勢と昼間も顔は下向きにと、少し辛い一週間でした。

このような経験から中医学の面からみてみました。

肝は目に開竅するとあり、肝の経絡は目と連携しています。目の働きは肝血に滋養され物がはっきり見えるのです。

不足すると、視力障害、眼精疲労、ドライアイなどとなり、又 肝は、全身の気を巡らせ自律神経も安定させます。

一方で、加齢が進むと、先天の精(父母から受けた精)を蓄えている腎の働きも低下してきます。

腎は生命エネルギーの源で、水の代謝の調整 又、生長、発育、生殖、知能、老化、免疫の機能を持っています。

黄斑上膜は老化が原因のようですので、中医学的には肝と腎を補うことは重要だと思われます。

加齢とかぎらず現代はスマートフォン・パソコンなどから発するブルーライトは網膜を傷つける原因のようです。長時間の使用による眼精疲労の方が多いと思います。

これも又、肝・腎を補い、血流を改善し、気を巡らせることが大事だと思います。

 

 

埼玉中医薬研究会  林漢方薬局   林和子先生
埼玉県さいたま市西区宝来  1722-3
TEL: 048-624-8448

 

 

-会員店コラム

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.