わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

冠元顆粒の弁証論治について

投稿日:2011年4月10日 更新日:

【講師】 劉文昭先生
【まとめ】埼玉中医薬研究会 学術担当:永和堂薬局 松永知子先生

4月10日の定例会は
「冠元顆粒の弁証論治について」
講義をしていただきました。

埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~

いろいろの要因によって、血液の流れが滞った状態を中医学ではオ血と呼び、このオ血は脳や心臓などの循環器疾患だけでなく、冷えや肩こりなどの軽いものから、ガン、肝臓病、腎臓病などに至るまで、さまざまな病気の原因となります。

そのオ血を取り除く「活血化オ(血行改善)」の漢方薬として丹参製剤(丹参、川キュウ、紅花、赤芍、木香、香附子など配合)があり、血管を拡張し、赤血球や血小板の凝集を抑え、血液粘度を下げることによって血栓の形成を予防します。

動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病の予防につながります。

 

埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~

 

丹参製剤は薬理実験報告も多数あります。

pen.gif 老化抑制効果及び悪性酸素消去作用
(富山医科薬科大学和漢薬研究所、横澤隆子助教授ら)

pen.gif 血圧降下作用と脳卒中発症予防作用
(家森幸男 京都大学名誉教授、池田克己京都大学助教授ら)

pen.gif アルツハイマー型痴呆の予防と改善
(アメリカ・メイヨクリニック・ジャクソンビル研究所、菅谷公伸教授ら)

pen.gif 生体における抗血栓効果
(中国・浙江大学・生命科学医学工程学研究科、鄭祥教授ら)

pen.gif 新薬との併用による相乗・相加作用
(北海道薬科大学漢方薬物学研究室、鹿野美弘教授ら)など

 

定例会では主に子宮内膜症や子宮筋腫・チョコレート嚢腫(特に卵管不通)・多嚢胞性卵巣症候群(多毛症)、自律神経失調症、アトピー性皮膚炎、乾癬、肝班、下肢動脈硬化・下肢静脈瘤、慢性腎臓病(CKD)、認知症、他多くのオ血と関連のある疾患や、頚動脈血栓症や、狭心症・心筋梗塞の症例をまじえてお話しされました。

各人の体質を中医学的に弁証(判断)して、症状の改善をはかりますので、詳しくは埼玉中医薬研究会会員のお店でご相談ください。

 

埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~

 

2011年4月10日勉強会出席者(※順不同)
ABC薬局 江良先生 ウエマツ薬局 植松先生 田中薬局 田中先生
もも木薬局 桃木先生 薬眞堂薬局 三矢先生 サトウ薬局 佐藤先生
林漢方薬局 林先生 愛育堂薬局 和田先生 永和堂薬局 松永先生
モトマチ薬局 長島先生 葵漢方薬局 吉岡先生 光和薬局 後竹先生
陽花莉薬局 池田先生 太極堂薬局 小寺先生 松一屋薬局 松永先生
岡田厚生堂薬局 岡田先生 薬眞堂薬局 小手指店 三矢先生
升屋栄貫堂薬局 引間先生 漢方のしみず快生堂 清水先生
・パルシィー薬局 永沼先生 大慶堂薬局 上柴店 大谷先生
・エミカ薬局 多田先生 漢方薬局 慈恵堂 川島先生
漢方専門薬局 環 梶谷先生

 

 

♥あなたにおすすめ♥

-勉強会のお話
-, ,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.