わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

潤い漢方でドライマウスと慢性鼻炎を治す

投稿日:2010年5月16日 更新日:

【講師】 全選甫先生
【まとめ】埼玉中医薬研究会 学術担当:葵漢方薬局 吉岡恵子先生

 

*ドライマウス
日本人のオーラルケアーに対する意識が高まってきている昨今、ドライマウスの患者数800万人(予備軍3000万人)とも言われています。

埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~

【ドライマウスの原因】
・糖尿病
・放射線治療
・ストレス
・脳血管障害による麻痺
・老化
・薬の副作用
・シェーグレン症候群
・筋力低下

 

*慢性鼻炎
鼻腔内炎症の慢性化(臭覚異常・鼻漏・副鼻腔炎・鼻茸など)
慢性化した場合、粘膜の潤いを保つ事は大事です。

 

埼玉中医薬医薬研究会~勉強会のお話~

*中医学における治療
中医学では滋潤の働きをもった
中薬や方剤が多くあります。
体質に合わせていろいろな
用い方をします。

「甘寒生津法」
「甘寒潤法」
「辛寒生津法」
「泄熱救津法」
「酸甘化陰法」

 

*潤いのための養生
日頃から潤す漢方茶や食品で養生しましょう。

  百潤露(ひゃくじゅんろ) ・・・清心安神をもちつつ肺・胃を潤していきます。
  二至丹(にしたん) ・・・肝・腎の陰を補って潤していきます。
  紅沙棘(ほんさーじ) ・・・美肌オイルといわれています。

 

 

2010年5月16日勉強会出席者(※順不同)
ABC薬局 江良先生   愛育堂薬局 和田先生   田中薬局 田中先生
モトマチ薬局 長島先生   東薬局 長澤先生   薬眞堂薬局 三矢先生
永和堂薬局 松永知子先生   サトウ薬局 佐藤先生   もも木薬局 桃木先生
松一屋薬局 松永先生   薬眞堂薬局 小手指店 三矢先生
林漢方薬局 林先生   漢方のしみず快生堂 清水先生
いわい薬局 岩井先生   漢方専門薬局 環 梶谷先生
・葵漢方薬局 吉岡先生   岡田厚生堂薬局 岡田先生
・陽花莉薬局 池田先生   升屋栄貫堂薬局 引間先生
・太極堂薬局 小寺先生   ・大慶堂薬局 上柴店 大谷先生
・パルシィー薬局 永沼先生   ・エミカ薬局 多田先生

 

-勉強会のお話
-,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.