わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

我らの宝・婦人の宝~美と健康のための中成薬の応用~

投稿日:2018年7月20日 更新日:

【講師】  張立也先生
【まとめ】  埼玉中医薬研究会  学術担当:松永知子先生

 

平成30年7月20日の勉強定例会は、イスクラ中医学講師の張立也先生をお招きして「我らの宝・婦人の宝」~美と健康のための中成薬の応用~と題して講義いただきました。

5月に開催された学術シンポジウムの婦宝当帰膠臨床試験について、婦宝当帰膠の投与により、

・子宮自体への血流供給が改善
・子宮内膜の血流が良くなる
・子宮内膜の厚さ、子宮内膜容積が改善

などの解説をいただきました。

また、婦宝当帰膠の臨床応用として、婦人科、不妊症だけではなく、神経痛、皮膚病、肝疾患、美容の面と多方面からの応用も話されました。

詳しくは埼玉中医薬研究会会員店にご相談ください。

 

 

埼玉中医薬研究会

 

埼玉中医薬研究会

 

 

 

 

-勉強会のお話
-, , , , , , , ,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.