わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

月経痛と生理不順

投稿日:2011年11月20日 更新日:

【講師】  高橋楊子先生
【まとめ】  埼玉中医薬研究会 学術担当:永和堂薬局 松永知子先生

 

11月20日の定例会は「月経痛と生理不順」について講義をしていただきました。

勉強会のお話

 

女性の節目と臓腑・気血精・経絡の関係

漢方の古典「素問」に女子は七歳頃に腎気盛んになり、十四歳前後から腎中の精気が充満して天癸を産生、作用し始めると腎気は旺盛となり、任脈が通じ太衝脈が充満して性機能が成熟する。

勉強会のお話

そして月経が現れ、生殖能力が備わる。

三十五歳頃になると陽明の脈衰え、肌の艶や髪が衰えはじめ、四十二歳頃には三陽の脈上衰え、白髪が目立ちはじめ、そして四十九歳頃になると、任脈虚し、太衝脈が衰え閉経するとあります。

 

 

すなわち、女性の体は7年周期で変化し、その変化は腎精によってコントロールされています。

月経は、精を蔵し・成長発育を主ると、血を蔵し・疏泄を主ると、運化・昇清・統血を主るが深く関わっているのです。

 

月経痛の病因病機

情志失調や寒湿侵入などよる実証と、先天不足や後天失調などによる虚証があり、虚、実、寒、熱を見分け、方剤(漢方薬)を決めます。

勉強会のお話

生理不順も同様に、生理トラブルを引き起こす原因は、その人の性格や体質、環境などの違いで異なりますので、詳しくは埼玉中医薬研究会会員のお店に、月経前・中・後期の養生も兼ねてお気軽にご相談ください。

他、子宮内膜症、腺筋症についてと、経絡のツボと食養生のお話されました。

 

血液を補う:鶏・豚のレバー、牡蛎(カキ)、黒豆、黒米、小松菜、ほうれん草、金針菜、トマト、イチゴ、桃、ザクロ、プルーン、ブルーベリー、クコの実、ナツメ など

血流をよくする:ドジョウ、ナス、くわい、きくらげ、らっきょ、青魚、サフラン、紅花 など

体を温める:生姜、葱、玉葱、らっきょ、ニンニク、ニンニクの芽、シナモン、黒酢 など

 

2011年11月20日勉強会出席者(※順不同)
もも木薬局 桃木先生 ウエマツ薬局 植松先生 永和堂薬局 松永先生
薬眞堂薬局 三矢先生 岡田厚生堂薬局 岡田先生 田中薬局 田中先生
葵漢方薬局 吉岡先生 東薬局 長澤先生 いわい薬局 岩井先生
陽花莉薬局 池田先生 モトマチ薬局 長島先生 サトウ薬局 佐藤先生
太極堂薬局 小寺先生 林漢方薬局 林先生   昭和薬局 鈴木先生
さんあい薬局 大谷先生 薬眞堂薬局 小手指店 三矢先生
パルシィー薬局 永沼先生 漢方のしみず快生堂 清水先生
大慶堂漢方薬局 大谷先生
漢方薬局 慈恵堂 川島先生
漢方専門薬局 環 梶谷先生
升屋栄貫堂薬局 引間先生

 

♥あなたにおすすめ♥

-勉強会のお話
-, ,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.