わたしたちは中医学と中成薬(漢方)のプロフェッショナルです

埼玉中医薬研究会

勉強会のお話

婦人科の問診

投稿日:2018年10月21日 更新日:

【講師】  邱紅梅先生
【まとめ】  埼玉中医薬研究会  松永知子先生

 

2018年10月21日の定例会は、4月の引き続きで桑楡堂薬局の邱紅梅先生をお招きし、婦人科の問診を中心に講義をいただきました。

漢方からみると、日本女性の瘀血(おけつ)の多さ、そして肝気鬱結(かんきうっけつ)になりやすい環境、運動不足、冷えに無頓着により瘀血(おけつ)が多いことを話され、瘀血(おけつ)を中心とした内膜に視点をあて、虚証の瘀血(おけつ)を意識して欲しいと話されました。

また補腎の精と気に着目した補腎薬の使い分けや、心血虚と肝血虚の方々への問診の仕方を、そして心脾顆粒、酸棗仁湯顆粒、イーパオのご説明を、先生ご自身の店頭での体験談を交えて分かりやすく話されました。

詳しくは埼玉中医薬研究会会員店にご相談ください。

 

 

埼玉中医薬研究会

 

埼玉中医薬研究会

 

 

 

 

-勉強会のお話
-, , , , ,

Copyright© 埼玉中医薬研究会 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.